酵素は大きく分けて2種類がある

ab6kjfg5urq9rnnそもそも酵素とは、体内で製造されている栄養分です。
酵素は30代位を境に体内での製造が減少する事が分かっており、酵素が減少していくにつれて体のリズムが崩れ代謝が悪くなる事が分かっています。
酵素にはどのような働きがあるのでしょうか。

■酵素には種類がある

酵素には消化酵素と代謝酵素の2種類があります。
消化酵素はその名の通り、消化に関する酵素であり、口腔内や胃、腸内にも存在しています。
この消化酵素のおかげで食事から摂取した食品が吸収されやすい単位まで消化されて、体内に吸収されると言うわけです。

酵素を体外から補う事により、足りなくなっていた酵素を補う事はもちろん、消化酵素を節約する事が出来ます。
消化酵素を節約するには消化の良い食事を摂取する事も重要です。
節約されて残った消化酵素は、今度は代謝酵素に回されるのです。

■代謝酵素が基礎代謝をアップさせる

代謝酵素に回された酵素は、基礎代謝のアップに働きかけます。
血流量を増やし、基礎代謝をアップさせるので、結果的に痩せやすい体を作る事が出来ます。
運動を組み合わせる事で、この代謝酵素は画期的に活用されるようになり、ダイエット効果を期待する事が出来ると言われています。

このように酵素には、大きく分けて2種類があり、それぞれの働きがある事が分かります。
元々体内に存在している栄養分の為、副作用等の心配が無い事から、安心して摂取する事が出来る成分であると言えるでしょう。